電子マネー利用に便利なカードとは?

電子マネー利用に便利なカードとは?

クレジットカードの利用方法を考えた場合、電子マネーはクレジットカードの利用法の1つとなっています。電子マネーとは実際の現金を利用しない決済を可能にする便利なツールだと言えます。その利用先は、具体的に公共交通である場合や、コンビニエンスストア、ショッピングセンターなど、さまざまな場所で利用が可能になっています。よって、その種類もさまざまなものがあります。

現金を取り扱わない決済が可能な事より、便利な電子マネーなのですが、その利用が広がるのと比例してポイントサービスを運用する電子マネーも非常に多くなってきています。この利用法はいずれもクレジットカードと共通する部分が多い事から、クレジットカードで電子マネーが利用できるサービスは広く普及しています。

特にクレジットカードの中でも電子マネーの利用にメリットを与えているものも非常に多いのですが、今回はこの電子マネーを利用する上で、メリットをより大きく受けられるカード選びをしてみましょう。


現代では電子マネーは生活で大きな役割に

電子マネーは2つの側面でその利用が促進されるようになってきています。まず電子マネーの利用が便利であるという事。また企業やサービスに利用者が電子マネーを利用する事で、顧客の囲い込みを行うが出来るという事も大きな理由の1となっています。これらの理由からさまざまな電子マネーが利用されるようになってきています。では、具体的な電子マネーの利用について一覧にしましたので参照してみましょう。

電子マネー情報

電子マネー 対象サービス ポイント
サービス
維持費 提携する
クレジットカード
Suica 交通機関 なし 作成時500円/
維持費1,000円
ANAVISASuica、ライフ、
エポス、リクルート、
ジザイル、イオン レックス
Edy 商品購入 あり 無料 楽天、ライフ、エポス、
リクルート’(VISA)、
ジザイル、 ANAVISASuica
Quicpay 商品購入 あり 無料 JCB EIT 、セゾン
nanaco 商品購入 あり 無料 セブン、リクルート

この様にほとんどの電子マネーは維持費が無料で、且つクレジットカードと提携している事がわかります。ここでポイントサービスが運用される電子マネーは、そのポイントをクレジットカードのポイントプログラムと共有しており、クレジットカードにもメリットが生まれる様な工夫がなされています。

ページトップへ戻る

電子マネーが利用しやすいカードは?

上記の電子マネーの一覧も踏まえた上で、クレジットカードで電子マネーの利用に多くのメリットをもつカードを厳選してみました。まずは下記の一覧を参照してみましょう。

電子マネーと提携で特徴のあるクレジットカード

カードブランド 年会費 追加カード クレジット枠
ライフ 永年無料 家族・ETC 200万円
ANA VISA Suica 初年度無料 ETC 100万円
楽天 永年無料 家族・ETC 100万円
カードブランド 発行期間 電子マネーに関する特徴
ライフ 最短4営業日 多くの電子マネーと提携
ANAVISASuica 2~3週間 Suica、楽天Edyと提携Suicaは年会費無料
楽天 1週間 楽天Edyの提供元で多くのポイントサービスと連携可能

この様に各クレジットカード会社の特徴を見てみると、それぞれに特徴が異なることがわかります。どのカードにも共通するのは、それぞれ提携する各電子マネーのチャージでクレジットカードのポイント付与が得られる事です。

その意味ではライフカードはほぼほとんどの電子マネーのチャージでポイント付与が得られるため、メリットが大きいと言えます。冒頭でも紹介した通り、電子マネーの特徴は利用できる分野に限りがありますので、より多くの電子マネーとの提携が出来るカード環境であれば、クレジットカードの利用上メリットが多いカードだと言えます。

ページトップへ戻る
電子マネーをカードでうまく利用する利用例

電子マネーを活用する上で、利用者にメリットをもたらすサービスとして、最も大きなサービスはポイントプログラムだと言えます。電子マネーに付帯したポイントが、電子マネーで利用した金額に比例してポイント付与され、そのポイントがキャッシュバックされたり、景品と交換できるサービスです。

電子マネーと提携するクレジットカードを持っていた場合、そのポイントはクレジットカードのポイントと換算可能な場合、クレジットカードにもメリットがあるのですが、中にはクレジットカードから電子マネーのチャージを行う際にカードの提供するポイント付与が受けられる場合もあります。

詳しくは「ポイントの2重3重取りが出来るクレジットカード」のコラムを参照すると良いですが、その場合、電子マネーを利用する事で、より多くのメリットを受ける事が可能なのです。その意味では、電子マネーをよく利用する方は、クレジットカード選びにその観点を組み入れてカード選びを行う事が重要だと言えるでしょう。

下記にそれぞれの厳選するカードの特徴をまとめてみましたので参照してみましょう。

電子マネー利用でオススメのクレジットカード

カードブランド 電子マネー利用上の特徴
ライフ 非常に多くの電子マネーと提携出来る事で、電子マネーの利用幅が非常に高く、間接的により多くのポイント付与を得ることが可能。
ANA VISA Suica Suicaで年会費無料に出来、更にチャージ時にポイント付与が得られる。ポイントの重複付与のメリットが得られる。
楽天 楽天Edyの提供元で多くのポイントサービスと連携可能。またnanaco利用時にチャージでポイント付与が得られ、重複付与のメリットがある。

この様に、電子マネーを利用した、オススメのクレジットカードでは、それぞれに異なったカードの特徴があり、それぞれのメリットにあったカード選びを行う事が重要である事がわかります。電子マネーの利用が特に多い方は、これらの厳選カードから、自分の利用シーンに合ったカード選びを行う様にしましょう。

ページトップへ戻る
電子マネー利用に便利なカードとは?のまとめ
  • 電子マネーは今多くの方に利用される便利な決済方法として利用されています。多くの電子マネーの特徴は決済が簡単で便利なだけではなく、ポイント付与サービスも兼ねている事が多いため、利用者にメリットが得られる様になっています。その一方で、それぞれの企業や機関で発行される事が多いため、互換性が低いのも特徴です。
  • 電子マネーの利用が多い方で、提携を行うクレジットカード会社を選ぶ場合、利用者の方はこれらの事を踏襲した上でカード選びを行う必要があります。多くの電子マネーのポイントサービスは、提携するクレジットカードのポイントと交換が可能になっているため、より多くのポイントが付与される事で、クレジットカードにもより多くのメリットが生まれます。
  • それぞれのクレジットカードには、電子マネーの異なったメリットが提供されています。多くの電子マネーが利用出来、より多くのポイント付与が受けられる場合や、電子マネーのチャージ時にポイント付与が受けられ、電子マネーの利用時にもポイントが貯まり、そのポイントをクレジットカードのポイントに換算出来る事で、ポイントの重複付与を受けられる場合など、利用シーン毎にカードを選択するのが、よりお得なカード選びです。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

ライフカード
ライフカード

・ポイントプログラムでは年間利用金額では高還元率を維持できる!
・公共料金の支払いで高ポイント維持可能!
・提供元がアイフルに変わった消費者金融系カードで入会もラクラク!

楽天カード
楽天カード

・圧倒的に多彩なポイントプログラム!
・入会審査もネットバンク系で安心!
・キャッシングにも強く、選べるブランドと、サービスの多彩な組み合わせで大きなメリットも!

ANA VISA Suica カード
ANA VISA Suica カード

・交通機関の利用ならこのカードがベスト
・マイレージを貯めるための特典が盛り沢山
・Suica年会費1,000円が無料で利用できる


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.