学生向けカードに必要な要素は何が重要か?

学生向けカードに必要な要素は何が重要か?

学生に取って、クレジットカードを持つというのは、社会人の仲間入りを果たした気分になるのではないでしょうか。大学生の方であれば、もうすぐ社会人ですから、良い意味での社会的責任を果たしているという証明にもなる、クレジットカードを持つ意義は大きいものがあるでしょう。今回はそんな学生向けに発行されているクレジットカードを紹介しましょう。

学生カードは基本的に、学生向けに提供されているカードですので、年会費が無料である事や、学生だけに喜ばれる特典やサービスがついている事が重要です。これはあくまでクレジットカード会社から見た基準ですので、実質的に学生の方がそれだけの基準でカードを選択している訳ではありません。

実際に学生の方に人気のあるクレジットカードは、学生向きである事も重要ですが、やはりブランドイメージの高いカードに人気がある様です。そのイメージには、見た目の上品さや、カードブランドの持つ高級感など、いくつかの要素がカード選択の決め手となっています。

では、具体的にどんなクレジットカードに人気があり、選ばれているのかを紹介していきます。

学生の間で最も人気なのは、学生専用に提供されている三井住友デビュープラスカードです。
実はこのカード、学生に強い支持を受けるもう一つの理由がありますが、これについては後に述べます。
次に国内ではトップブランドのJCB EIT カードです。最後に、最近リクルートグループから発行されたリクルートカードがあります。
では具体的なそれぞれのカードスペックの概要について、下にまとめましたので参考にしてみましょう。

この様に、3枚のカードを見てみると、どのカードも学生向けにしてはやはりクオリティが非常に高く、内容が充実しています。
しかし、よく見てみると、やはりそれぞれに大きな特徴があります。次にそれぞれのカードの特徴について、紹介していきましょう。

基本スペック情報

カードブランド 年会費 追加カード クレジット枠
三井住友VISA 初年度無料 ETCのみ 10~100万円
JCB Linda 永年無料 家族・ETC ~100万円
リクルート 永年無料 家族・ETC 0~100万円
カードブランド 発行期間 付帯保険 特有サービス
三井住友VISA 3営業日 海外2,000万円 26歳以降にゴールドに自動切替
JCB Linda 1ヶ月 海外2,000万円 リボ払い専用カード
リクルート 3週間後 海外2,000万円 高還元率1.2%


学生カードを選ぶにもさまざまな選択基準がある

三井住友デビュープラスカードは、海外旅行付帯保険を含めた、海外での利用も視野に入れた全般的なサービスが充実しています。 このカードは年会費が初年度無料ですが、永年無料ではなく、2年目から年会費がかかるのですが、年に1回の利用があれば翌年度は無料という条件ですので、実質的に無料カードと考えて良いでしょう。

次にJCB EIT カードも、高いクオリティのサービス品質を備えたカードだと言えます。国内トップカードのJCBならではの充実ぶりです。JCB EIT カードはカードフェイスが選択できる様になっており、人気が高いのですが加入者の7割はブラックカラーを選択しています。これはやはりシックに見える事や、上品さが理由となっているのでしょう。

最後にリクルートカードですが、このカードは発行が長く待望されたカードです。そして期待を裏切ることなく、やはり内容の非常に充実したサービス内容となっています。リクルートというと、就職業界などのイメージが高いのですが、このカードのポイント提携サービスとしても対象となっている「じゃらん」や「HOT PERRER」、「ポンパレ」などは、いずれも学生にも非常に認知度の高いサービスとなっています。

リクルートのポイント利用先は、全てこの運営サービスに限定されており、換金性の低いものとなっていますが、これらのサービスを利用する方に取っては、高還元率なカードですので、非常に嬉しいサービスだと言えるでしょう。

一人暮らしで、都会に出てきている学生はお金もかかります。そんな方であれば、キャッシングがどうしても必要、という方もいるでしょう。そんな場合は審査が現実的で柔軟なアコムマスターカードを選択するというのも、1つの選択方法だと言えます。

ページトップへ戻る
やはり学生でもブランドイメージは大事な要素

この様に、それぞれのカードには独自のサービスや特徴がありますので、選択が難しい部分がありますが、選ばれているカードを考えると、やはりブランド力が大きく影響しています。その点については、VISAやJCBは定番のクレジットカードと言えるでしょう。 リクルートも知名度が高い会社ですが、クレジットブランド力としては、先に紹介した2社には及ばない部分があります。

冒頭に述べましたが、この中で三井住友VISAデビュープラスカードには、大きな特典があります。それはこのカードを問題なく利用していると、満26歳以降のカード切り替え時に、「プライムゴールドカード」へ自動的に切り替わるという特典があるという事です。

ゴールドカードは、一般的にいきなり発行される事が非常に難しいカードですので、カード利用の実績でゴールドが与えられるというのは、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。 ゴールドカードになれば、ゴールドデスクの対応が付与されたり、空港ラウンジなどの施設が無料で利用可能になるなど、高いステータスにふさわしいサービスが提供されるようになります。有名ブランドのカードで、社会人になってすぐにゴールドカードに切り替わるこのメリットは、学生の方に取って非常に大きなステータスの証と言えるでしょう。

ページトップへ戻る
実績を考慮して社会人も視野に入れたカード選びを

学生カードで、考えておかなければならないのは、将来の環境変化についてです。社会人になれば学生の頃とは異なり、大きく環境が変わるということです。学生でなくなれば、当然、学生専用のカードは利用しなくなりますが、やはり同一のブランドを利用し続ける事が、実績を積む上でも、よりよいサービスを受けるために必修な条件となります。つまり、学生カードを作成する段階から、カード会社の選択は慎重に行っておく必要があるという事です。

この視点で考えた場合、社会人になって海外に行く可能性も考慮すれば、三井住友VISAデビュープラスカードを選ぶというのが、間違いのない選択であり、女性の学生の方であれば三井住友VISAアミティエを選ぶのが良いでしょう。但し海外に行く必要がないという方などは、JCB EITカードを選択するという手もあります。この様に将来の事を考えて、ご自身のライフスタイルに合わせたカードを選ぶ事も重要です。

ページトップへ戻る
学生向けカードのまとめ
  • 学生専用カードは、そのスペックや、特典、サービス内容も大事ですが、実際に学生が選ぶカードの選択基準も大事です。それらを総合的に判断すると、やはりスペックが良く、且つブランド力があるカードが、特に人気が高い事がわかります。
  • 学生カードには、他にも学生に人気のあるサービスが充実しているリクルートカードもあれば、資金面で学生生活を助けるアコムマスターカードもあり、さまざまなカードの選び方がありますが、やはり人気は国内トップブランドの三井住友VISAデビュープラスカードとJCB EIT カードという事になってきます。
  • 特に三井住友VISAデビュープラスは、満26歳以降のカード切り替えで、ゴールドカードに自動ランクアップになる特典がありますので、非常にメリットが大きいと言えます。将来社会人になり、環境が大きく変わった場合でも利用しやすいカードを考えれば、三井住友VISAデビュープラスカードは堅い選択であると言えます。海外に行くことが無い方は、JCB EIT カードという選択になるでしょう。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

JCB EIT カード
JCB EIT カード

・国内トップブランドのJCB発行カード!
・選べるカードフェイスが今注目で人気!
・リボ専用の計画的利用が可能なカード!
・年会費無料でも充実した安心のサービス!

三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAアミティエカード

・女性にスタンダードな価値を与える1枚!
・女性専用にふさわしいサービス内容!
・旅行自動付帯保険や、サポートサービスなど、いざという時に頼りになる1枚!

三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード

・初めての1枚にはベストなクレジットカード!
・年会費はほぼ永年無料と同じリーズナブルさ!
・通常の利用で自動的にゴールドカードへの選択が可能になる貴重なカード!


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.