海外に行く場合にクレジットカードの果たす役割

海外に行く場合にクレジットカードの果たす役割

海外旅行に行く場合は、クレジットカードの持参が必修である事を、海外によく行く機会のある方ならご存知でしょう。海外では高額紙幣を持ち歩く文化がなく、その様な決済は全てクレジットカードで行われるのが一般的です。ヘタをするとクレジットカードがないために、無人駅で両替に対応してくれる人がいなければ、電車などの交通機関も利用できなくなりますので、注意が必要です。

また、高額紙幣の持ち歩きは、国内とは治安事情が異なり、非常に危険でもあります。高額紙幣を持っていても、のんびり出来るのは日本ぐらいなのです。海外では高額紙幣を持ち歩いていると見つかれば、非常に危険ですので、基本的にはカード利用を心がけるべきです。また、現金がどうしても必要になる場合は、現金を持ち歩くのではなく、キャッシングを利用すべきです。

海外でキャッシングをすると、金利がかかるので損をすると考えている人がいますが、それは正しくありません。基本的に海外に行くと、利用するATMは提携クレジットのATMとなりますが、キャッシングで出てくるお金は、その日の為替レートで換算された現地の貨幣です。つまり為替手数料がかからない訳です。通常の現金であれば、日本で出発前に空港で換金するか、現地の金融機関で換金するしかありません。

しかしキャッシングであれば現地貨幣が出てきますので、非常に便利です。借り入れの金利はかかりますが、あまりデメリットにはなりません。その様な意味で、クレジットカードでキャッシングが出来るのかどうかは、大きな要素となるのです。これをもう一度整理すると、海外に行くために、クレジットカードについているべきサービスは、下記の様になります。

1. まず利用付帯か、自動付帯で海外旅行保険が付帯されている事。
2. クレジットブランドが世界規模で有名である事。
3. キャッシングが利用できる事。

以上の3つとなります。ではこの条件を満たすクレジットカードには具体的にどんなものがあるのでしょうか。


海外で重要なクレジット機能は?

まず紹介するのは、国内外のトップブランドとして君臨する、三井住友VISAクラシックカードです。このカードが海外に強い定番である事は多くの方が既に知っている事実です。特にVISA VJデスクは、日本語でのサポートをしてくれる充実サービスです。リクルートカードは上記の条件に加えて、じゃらんなどの割引サービスを受ける事が可能であり、メリットとなっています。

レックスカードは海外・国内旅行かショッピングプロテクションかを選択する必要がありますが、保険を選択すれば自動付帯となりますので、上記2枚のカードに肉迫する条件となります。DC Jizaile カードは、マスターカードの定番であり、上位カードと比較すると補償額は落ちますが、しっかり保険もついているので、海外旅行に優れたカードと言えるでしょう。ANA VISA Suicaカードは保険がありませんが、旅行で割引があるのに加え、その代金で更にマイルを利用する事が可能となっています。

では、上記のカード5種類を、海外旅行に関する項目で比較してみましょう。

基本スペック情報

カードブランド 年会費 追加カード クレジット枠
三井住友 永年無料 家族・ETC 80万円
リクルート 永年無料 家族・ETC 100万円
レックス 永年無料 家族・ETC 200万円
DC Jizile 永年無料 家族・ETC 10~100万円
ANA 永年無料 ETCのみ 20~100万円
カードブランド 発行期間 付帯保険 特有サービス
三井住友 3営業日 海外2,000万円 日本語サポートVJデスク
リクルート 3週間 海外2,000万円 高還元率1.2%
レックス 3週間 海外2,000万円 高還元率1.75%
DC Jizile 1~2週間後 海外1,000万円 高還元率1.5%
ANA 2~3週間後 海外1,000万円 サービス特典多数
ページトップへ戻る
海外ではやはり万が一に備える事が重要

この様に、海外旅行ではやはり、VISAがもっとも優れたサービスを提供していると言えます。この中で三井住友VISAクラシックカードとリクルートVISAブランドカードでは、そのサービス内容にほとんど代わりがありませんが、サポートやブランドなどの総合評価でVISAが若干有利と言えます。保険内容は程同じ条件ですが、年会費無料条件の敷居が年間50万円の利用という事で、レックスカードはその下位に来ています。

DC Jizaile カードはやはり保険は自動付帯であるにしても、上位カードとの保険担保の最高金額で1,000万円の差額は大きいでしょう。 ANA VISA Suica カードは、そもそも保険がないので、割引メリットしか得られないため、カードを複数枚利用する上では良いでしょうが、海外で利用するという意味では、あまりメリットが得られないでしょう。

ページトップへ戻る
滅多に行かないが、行けば必ず必要なクレジットカード

本格的に海外での利用を考えると、やはり上記で紹介した海外で必要な、基本的なサービス以外にサポートの要素を組み入れている事は大きなメリットだと言えるでしょう。その一方で、リクルートは対照的にメリットで2位となったカードであると言えます。旅行の予約、ポイントの入手では、VISAには無いサービスがあると言えます。現実的にお得ではありますが、海外旅行とは関係しないメリットです。

クレジットカードでの海外旅行は、旅行好きの方以外は滅多に利用するものではありませんが、海外に行った場合に、なければ本当に困ってしまうものでもありますので、海外に行った場合の事も考えて、クレジットを選択する事が重要です。

ページトップへ戻る
海外でのクレジットカードの果たす役割のまとめ
  • 海外旅行は、国内の事情が全く異なる環境になるという事を、考えておかなければなりません。特に現金についての慣習は全く異なり、クレジットカードが非常に大きな役割を果たす事を理解しておく必要があります。その上で海外に行く場合に、メリットの大きなカードといえば、まずは提携ブランドの知名度が高く、外国で利用が出来る事が大事だと言える。
  • その他に大事な要素として、海外旅行保険の付帯の有無や内容、またキャッシングの利用が出来るかどうかも、重要なポイントと言える。三井住友VISAクラシックカードは海外旅行の定番ですが、特に特徴的なのはサポート体制でしょう。リクルートも内容については、ほぼ変わらないと言っても良い内容でしょう。但し海外利用での優劣となれば、やはり使い勝手の良さでVISAが最も利用に便利だと言えます。
  • レックスカードは海外旅行保険の内容も良く、優秀ですが、年会費の問題で下位に留まっています。DC Jizile は保険の内容において上位カードと比べると見劣り感が否めません。ANAは割引メリットなどが光りますが、肝心の保険がない為、複数枚で持つには良いですが、それ以外にメリットが薄いと言えます。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

・三井住友とVISAが提携したハイクオリティカード
・簡単に年会費無料になる充実サービスのお得なカード!
・海外旅行やサポートが充実で安心できる1枚!

リクルートカード
リクルートカード

・多彩なグループ内での利用で1.2%の高還元!
・年会費無料で追加カードも永年無料!
・無料カードとは思えない充実した付帯保険内容!

ANA VISA Suica カード
ANA VISA Suica カード

・交通機関の利用ならこのカードがベスト
・マイレージを貯めるための特典が盛り沢山
・Suica年会費1,000円が無料で利用できる


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.