毎日の交通手段でメリットが大きなカード

毎日の交通手段でメリットが大きなカード

誰であっても、毎日ほぼ利用するのが車か公共交通機関などの交通機関です。これらの出費はある程度必要性の高い出費として考えなければならないのですが、そうであるからこそ、クレジットカードのポイント取得対象として考える事で、大きなメリットとなる可能性があります。実際に車の利用であれば、高速道路などのETCカードの利用、ガソリン代、駐車場代などの費用、公共交通機関を利用する場合であれば、Suicaなどのチャージでポイント換算が行えれば、ポイントを貯める1つの有効な手段として考える事が出来ます。

実はさまざまな公共交通機関で利用可能なSuicaやIcocaなどの電子マネーは、チャージでポイント付与が受けられるカードが少ないのです。よって移動手段が公共交通である方の場合、当然選択するクレジットカードはある程度絞られます。

今回は移動手段としての交通手段を車にする場合、もしくは公共交通を利用する場合のそれぞれにおいて、オススメ出来るクレジットカードを紹介していきましょう。


移動手段には車か公共交通しかない

みなさんのほとんどは、移動手段の方法として、自家用車か公共交通機関に依存しています。タクシーであればクレジット決済が可能ですが、ほとんどの移動にタクシーのみを利用する方は少ないでしょう。クレジットカードのポイントを貯める事に、視点を置いて移動手段を考えた場合、これらの移動に必要な費用を全てポイント換算できると非常に大きなメリットになる可能性があります。

具体的な例を上げると、車を移動手段として利用する場合、車を運用するために必要なガソリン代や高速道路を利用する場合の高速代、また車を駐車しておくための駐車場代なども移動手段の費用として考えられます。

また、公共交通に関しても、バスや電車などのほとんどの交通手段は、SuicaやIcocaなどの電子マネーを利用する事でそのほとんどが利用可能です。移動に関するこれらの費用の全てがポイント付与出来るとなると、毎月の出費としては、実は非常に大きなポイント収益源として考える事が出来るのです。

実は移動手段はこの2通りの方法しかなく、どちらかに費用を支払う事で移動ができているのです。従って仮に選択するクレジットカードが利用機会の多い交通手段でポイント付与を受けられる場合、利用者にとっては大きなメリットとなる訳です。

ページトップへ戻る
毎日の交通手段の利用でポイントを貯める

具体的にこれらの移動手段に利用出来、ポイントを貯める事が可能なクレジットカードブランドはどこでしょうか。他のサービスも充実しており、尚且つこれらの移動手段に利用できる具体的なクレジットカードを紹介していきましょう。

基本スペック情報

カードブランド 年会費 交通手段に利用可能な
サービス内容
その他の特徴
ANA VISA
Suica カード
初年度無料 Suicaチャージでポイント付与、飛行機でもマイレージに出来る Suicaの年会費1,000円が無料に
ビアソカード 永年無料 ETC利用可能、Suicaのチャージでもポイント付与可能 ETC利用はポイント2倍
ライフカード 永年無料 ETC利用可能、Suicaのチャージでもポイント付与可能 ポイント蓄積でステージボーナス

この様に、特にETC、もしくはSuicaなどの電子マネーのチャージでポイント付与が許されるオススメクレジットカードを紹介しました。では、具体的に利用するそれぞれの交通手段で、仮に想定される移動を行った場合、毎月どの程度の費用となるのかを紹介していきます。

1)週に3度車を利用する場合の月間費用
ガソリン費用 1回1,000円+高速代往復2,000円+駐車場代1,000円=4,000円×3=12,000円 つまり月額 12,000円×4週=48,000円

2)公共交通機関を利用する場合(平日)の月間費用
電車 1回800円+バス400円(往復)=1,200円×5=6,000円×4週=24,000円

それぞれのケースを考慮すると、車で年間57.6万円、公共交通機関で28.8万円となります。このデータはあくまでシミュレーションですが、決して大げさな金額ではなく、現実的な金額です。つまり、交通手段をポイント収益源として考えた場合、いかに大きな収益源として考えられるかという事が言えます。

ページトップへ戻る
交通費で効率良くポイントを貯めよう

上記の交通手段を、ポイント収益の対象として利用できるクレジットカードを紹介しましたが、それぞれのオススメカードには大きな特徴があります。では、具体的にそれぞれのクレジットカードの利用上のメリットについて、紹介していきましょう。

ANA VISA Suica カード

移動手段を利用する場合に、最も適したクレジットカードだと言えます。Suicaの年会費1,000円が無料となりチャージでポイント加算が可能な事、飛行機でもマイレージでボーナスを得る事ができ、ETCカードも利用可能と、ほとんどの交通手段はこのカードで利用出来、ポイントに換算出来ます。

年会費は次年度から費用がかかりますが、マイ・ペイすリボ利用+web明細を利用すれば、年会費が351円で利用できます。利用額累計が年間50万円を超えれば、利用実績に応じて大量ポイントを取得する事も可能です。

ビアソカード

追加ETCカードの利用はポイント2倍サービス特典があり、還元率も1%となるため、特に車の利用にメリットの大きなカードだと言えます。

また電子マネーのSuicaについてもチャージ時にポイント付与がなされるため、公共交通にも利用が可能になっています。特に車の利用が多い方には、オススメのカードだと言えるでしょう。

ライフカード

追加ETCカードの利用が可能で、且つSuicaチャージ時にポイント付与が受けられます。これらのサービス利用で特に特典はありませんが、年間利用額累計が50万円を超えるとボーナスポイントがもらえ、且つポイントが常時1.5倍となるので、手に入るメリットを見逃せないカードだと言えます。

この様にさまざまなメリットがクレジットカード毎に用意されていますので、それぞれのメリットに合ったカードを選択する事がベストなカード選びだと言えます。

ページトップへ戻る
毎日の交通手段でメリットが大きなカードのまとめ
  • 誰もが交通機関を利用しない方はおらず、車か公共交通機関の利用をするかのいずれかの手段を使う事になります。この利用にかかる費用は毎日は小額かもしれませんが、年間を累計すると大きな金額となり、ポイントを貯める事については大きなメリットとして考える事が可能です。
  • 実際に利用金額をシミュレートしてみると、車で年間約50万円弱、公共交通機関で30万円弱の金額となります。これはポイント換算出来る金額としては非常に大きく、無視の出来ない金額だと言えます。これらの利用について、ポイント換算が出来るおすすめカードに、ANA VISA Suica カード、ビアソカード、ライフカードがあります。
  • それぞれのクレジットカードには、それぞれの特徴がありますが、ANA VISA Suica カードであれば、交通手段であればほとんどの利用でポイント付与が受けられ、ビアソカードではETC利用にボーナスが付くメリットがあり、ライフカードであれば、年間累計利用額にボーナスを得る事が可能であるなど、それぞれに特徴があります。それぞれの特徴に応じたカード選びをする事がベストなカード選びだと言えるでしょう。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

ANA VISA Suica カード
ANA VISA Suica カード

・交通機関の利用ならこのカードがベスト
・マイレージを貯めるための特典が盛り沢山
・Suica年会費1,000円が無料で利用できる

ビアソカード
ビアソカード

・ポイント特典が多彩なビアソポイントは大きな魅力!
・ネット利用のポイント特典では業界トップクラスの充実内容!
・キャッシングや付帯保険など充実のサービス!

ライフカード
ライフカード

・ポイントプログラムでは年間利用金額では高還元率を維持できる!
・公共料金の支払いで高ポイント維持可能!
・提供元がアイフルに変わった消費者金融系カードで入会もラクラク!


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.