ポイント交換が多彩で自由なカード

ポイントは貯まるだけでは良いサービスと言えない

クレジットカードにおいて、最も大きなサービスや特典の目玉サービスといえば、ポイントプログラムの事が対象となりますが、ポイントの貯まり 具合を調べる事があっても、ポイントの交換の自由度について語られる事はありません。しかしながら、ポイントは商品に交換できた時に、初めてその価値を発揮します。

いくらポイントを貯めても、交換できるものが少ない場合や、換金性の低いものばかりであれば、やはりそのポイントプログラムの価値自体が下がってしまいます。その様な事がないよう、クレジットカードを選択する時は、ポイントプログラムの優劣だけではなく、ポイントの交換の多様性についても精査をしておく必要があります。

そこで今回はこのポイント交換についての多様性や、自由度についてサービス内容の良いカードを紹介していきます。ポイントとして、ポイント移行サービスが豊富かどうかが大事になります。


ポイント移行サービスの善し悪しは提供会社の規模による?

基本的に、クレジットカード全体のポイント移行サービスを検証すると、ポイント移行サービスの善し悪しは、クレジットカード会社の規模に依存する傾向が見受けられます。その意味では、まず紹介するJCB EIT カードと、三井住友VISAクラシックカードは定番のポイント移行サービスを持っていると言えるでしょう。

特にJCBの提供する「Oki Doki」サービスの、ポイント移行対象サービスは群を抜いて多い事がわかります。VISAも非常に多彩なポイント移行サービスを持っていますが、やはり多彩さではJCBにかなわない部分があります。この2社のポイント移行サービスは、他のクレジットカード会社のサービスと比較して、頭一つ抜け出たイメージがあります。

ではそれ以外の特徴ある、ポイント移行サービスを持つ、クレジットカード会社を紹介します。

流通系カードはポイント移行先がグループ関連である場合が多い

これ以降は、全て流通系クレジットカードとなります。エポスカードはポイント自体も高還元率なので、ポイントプログラムも優秀ですが、そのポイントは換金性も高く、通常のグループ製品や、提携店舗での購入や食事に利用できますので、非常に多様性が大きいと言えるでしょう。

次にエポスカードは、コンビニエンスストアを軸に、ポイント移行サービスが組まれていますが、セブン・アイ・グループから見て、nanacoはポイントカードとしては、重要な位置を占めており、現実的に人気が高いのが特徴です。

またイオンカードもグループで運用する、電子マネーのWAONを使う事で、ポイントを移行し上手く活用する事ができます。
イオンカードもその面では良いカードですが、コンビニエンスストアの持つ、今後の多様性を考えると、セブンカードに軍配が上がります。

ポイントサービスは移行・交換出来て価値が出る

ではここで5種類の、クレジットカードのポイント交換・移行サービスの比較を行ってみましょう。

基本スペック情報

カードブランド 年会費 追加カード クレジット枠
JCB EIT 永年無料 家族・ETC 100万円
三井住友VISA 初年度無料 家族・ETC 80万円
エポス 永年無料 ETC 審査による
セブン 初年度無料 家族・ETC 80万円
イオン 永年無料 家族・ETC 50万円
カードブランド 発行期間 付帯保険 ポイント移行サービス
JCB EIT 1ヶ月前後 海外2,000万円 Oki Doki ポイントで
多様なサービス
三井住友VISA 最短3営業日 海外2,000万円 ワールドポイントで
多彩な商品と交換
エポス 店頭即日 海外500万円 多彩な商品と交換
セブン 7営業日 運営事業のみに
移行・交換可能
イオン 2~3週間前後 イオングループのみに
移行・交換

この様に、ポイント移行サービスなども見据えた、サービスの優劣を考える事も、ポイントプログラムを精査する上で、重要な要素であると言えるでしょう。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る
ポイント交換が多彩で自由なカードのまとめ
  • クレジットカードのサービスを語る上で、ポイントプログラムは大きな要素でありますが、そのポイントプログラムの優劣を決めるのは、ポイントの貯まりやすさだけではありません。そのポイントが利用しやすく、且つ換金性の高いものであるかどうかも、大事な要素だと言えます。
  • ポイント移行や、交換サービスの内容の充実度は、基本的にクレジット会社の規模などに比例する事が多く、定番のJCB EIT カード、三井住友VISAクラシックカードの他に、エポスカード、セブンカード、イオンカードなどの流通系も商品を取り扱うだけに豊富だといえます。
  • ポイントプログラムを比較する場合には、ポイントの貯まりやすさだけではなく、その換金性やポイント移行・交換サービスの充実度もあわせて検討する事が重要です。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

JCB EIT カード
JCB EIT カード

・国内トップブランドのJCB発行カード!
・選べるカードフェイスが今注目で人気!
・リボ専用の計画的利用が可能なカード!
・年会費無料でも充実した安心のサービス!

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

・三井住友とVISAが提携したハイクオリティカード
・簡単に年会費無料になる充実サービスのお得なカード!
・海外旅行やサポートが充実で安心できる1枚!

エポスカード
エポスカード

・エポス店舗や提携店でのカード利用で大きな割引が受けられる!
・ポイントプログラムの還元率は5%の高還元率!
・選べるカードフェイスは実に74種類!


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.