リボ払いは十分概要を理解した上で利用を

リボ払いは十分概要を理解した上で利用を

最近は返済については何でもリボルディング返済が主流になってきました。ここでリボルディング返済の事が、まだ良く分かっていない方のために、もう一度おさらいをしてみましょう。まずはリボ払いのメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

1. 利用金額に関係なく、返済は毎月一定の金額となり、収支計算が立ちやすいというメリットがあります。

2. クレジットカードのリボ払いはリボ移行最低返済額が自ら変更出来る事が多いので、返済額を自由に設定しやすいというメリットがあります。つまり、この機能のおかげで、返済が厳しい時は翌月に、資金的余裕がある時はまとめて、という返済が可能になります。

3. リボ払いを選択すると、ボーナス特典が付くケースが多いので、より多くのポイントが手に入ります。

この様なメリットがある一方で、デメリットもあります。

デメリット

1. 返済金額は一定しますが、利用残高が大きくなりすぎた場合、金利が増える為、元金がどんどん大きくなり返済の内の金利割合が増え、元金が減らない状況になります。

2. 購入品、または利用金額の、返済ひとつひとつの金額割合が均等化されてしまうために、それぞれの返済金額が把握しづらくなり、返済完納日がわからなくなります。

この様に、便利である一方、リボ払いは返済管理を必要とされる返済方式だと言えます。この様なリボ払いの概念を踏まえた上で、どのクレジットカードを選択するのが良いのか、具体的に紹介しましょう。


リボ払いでのメリットは圧倒的に金利

リボ払いのメリットと、デメリットの基本については紹介しましたが、リボ払いのカードを選択する場合、まず大事なのはリスクを回避する事です。 つまり、リボ払いを行う上で、安全に運用するのはもちろんですが、出来るだけ、取り扱い金利の低いものにする必要があるということです。
この観点で考えれば、最も良いのがアコムマスターカードでしょう。消費者系クレジットカードである事から、業界でも他のキャッシング系サービスでは最低金利になっています。

ここで一般的なクレジットカードでのリボ払いサービスの内容と、アコムマスターカードのリボ払い条件について、比較を行ってみましょう。

基本スペック情報

カード
ブランド
年会費 発行期間 金利 利用枠 リボ払い
の特典
アコム 永年無料 即日 10~14.6% 300万円 -
某カード会社 初年度無料 3営業日 15~18% 80万円 -

この様に金利面でもその他の面でもアコムマスターカードが、いかに優れているかがわかります。ではこれ以外の要素も含んだ、優れたサービスのクレジットカードを紹介しましょう。

ページトップへ戻る
金利差がない時は特典や、総合評価で決めよう

リボ払いのみの優劣評価ではアコムマスターカードには及びませんが、リボ払いの利用自体にメリットがあるのが、三井住友VISAクラシックカードです。このカードは年に一回以上のリボ払いの利用で年会費が無料になります。これは有料カードらしく、サービスの充実した三井住友"VISAを年会費無料に出来るのですから、非常に大きなメリットと言えるでしょう。他にも総合評価が高く、リボ払い専用のJCB EITカードが紹介出来るカードだと言えます。

ライフカードは消費者系のクレジットカードですので、金利面でメリットが大きいと言えます。またP-one FLEXY カードはリボ支払いに色々なサービスが提供されたカードですので、利用者のメリットが大きいと言えます。この様に、リボ払いといっても、金利面以外で選択を考える場合は、さまざまな特典やサービスがあり、またそれ以外の総合的なカードとしての、機能の優劣を考えて選ぶ必要があります。

ではここでこの5枚のカードの比較を一覧にしてみましょう。

基本スペック情報

カードブランド 年会費 追加カード クレジット枠
アコム 永年無料 500万円
三井住友VISA 初年度無料 家族・ETC 80万円
JCB EIT 永年無料 家族・ETC 100万円
ライフ 永年無料 家族・ETC 200万円
P-one 永年無料 家族・ETC 審査による
カードブランド 発行期間 付帯保険 ポイントプログラムの特徴
アコム 店頭即日 低金利
三井住友VISA 最短3営業日 海外2,000万円 マイ・ペイすリボ
JCB EIT 1ヶ月前後 海外2,000万円
ライフ 最短4営業日
P-one 3週間
ページトップへ戻る
リボ払いで最近よく聞かれる懸念事項とは?

比較を行った結果より、やはりリボ払いの項目では圧倒的に、アコムマスターカードが優れている事がわかります。それ以外のカードでは、三井住友VISAクラシックカードの「マイ・ペイすリボ」以外はリボ払いについて、特段サービスの大きな差がないため、やはり総合的なサービスでの評価となっています。

最近は若年層を中心にリボ払いが人気があり、その要望に応える形で、各社からリボ返済専用カードが多数提供されているのですが、ひとつ注意しておかなければならない事があります。過去同様なリボ返済で、多数の方が多重責務に陥った消費者金融業界では、リボ払いに一定の制限が自主的に出されています。

ところがこの制限は、クレジットカードの業界では実施がなされていません。つまり今後のサービス競争の中で、その様なサービスが、絶対に出ないとは限らないのです。現にその様な相談が最近クレジットカード業界で急増しているという事実を、念頭に置いた上でサービスを利用する様にしましょう。

ページトップへ戻る
リボ払いがお得なカードのまとめ
  • リボルディング返済は、便利な返済方法ですが、メリットとデメリットをよく理解して、利用を行う事が大事です。利用方法を誤ると、返済が厳しくなる可能性を頭に入れておく必要があります。
  • その様な観点で考えれば、やはりリボ払いで最も優れているのは、利用金利が低いアコムマスターカードだと言えます。その他にも優れたカードを紹介すれば、リボ払いで大きなメリットが得られる三井住友VISAクラシックカードや、カードとしての総合評価が高いJCB EIT カード、アコムと同じく消費者系のライフカード、リボ払いのサービスが多彩なP-one FLEXY カードが挙げられます。
  • 5種類のカードを比較すると、やはり圧倒的に金利面でアコムマスターカードが有利です。他のカードは三井住友のリボ特典以外、特に大きな差はありませんので、紹介する上では、サービスの総合評価順となります。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

JCB EIT カード
JCB EIT カード

・国内トップブランドのJCB発行カード!
・選べるカードフェイスが今注目で人気!
・リボ専用の計画的利用が可能なカード!
・年会費無料でも充実した安心のサービス!

ジザイルカード
ジザイルカード

・ポイントプログラムのハッピーポイントは高還元率の1.5%還元!
・追加カードも豊富で永年無料の大きなメリット!
・無料カードとは思えない充実の付帯保険!

P-oneFLEXYカード
P-oneFLEXYカード

・多彩な返済方式のリボ専用クレジットカード!
・全ての加盟店利用で1%還元のサービス!
・ネットでのカード利用で最大30倍のポイントが!


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.