提携店舗で最も得する量販系カードは?

提携店舗で最も得する量販系カードは?

クレジットカードを提供する企業はさまざな種類がありますが、それぞれのカードの主要サービスは、その関連する提供企業のサービス内容に関連しているという事を皆さんはご存知ですか?クレジット会社の提供するクレジットカードでは、カード自体のサービスが充実していますし、航空会社の提供するクレジットカードでは、マイルがよく貯まるなど、それぞれのカードには、それぞれ提供企業とのサービス内容と密接に関係があるのです。

では今回ご紹介する量販・流通系企業が発行するクレジットカードは、どんな事がサービス内容についてポイントが置かれているのでしょうか。このポイントの紹介とそのメリットの大きさ、それらを踏まえたカード選びの方法などについて紹介を行っていきます。

基本的に量販・流通系クレジットカードは、グループで運営するショッピングセンターなどでの利用について、重点が置かれるケースが多く、利用者が提供するカードで、提携店舗などの利用がよりなされやすいようなサービスが提供される事となっているケースが圧倒的に多いのが特徴でもあります。

では具体的なサービス内容について、参照して行きましょう。


量販・流通系発行のカードのサービスの特徴

それぞれのクレジットカードのサービスには、提供する企業のサービス形態に関連するサービスに重点が置かれている事を紹介しましたが、では実際に具体的なサービスの内容について、一般的によく提供されるサービスの内容について、紹介していきましょう。まずは下記のサービス内容について参照してみましょう。

量販・流通クレジットカードのサービスの情報

サービス内容 量販・流通企業のクレジットカードのメリットとは?
1.グループ、提携店舗割引 カード発行を行う企業のグループ会社や提携店舗でのカード利用割引サービス。
2.ポイントボーナスの適用 特定の日や場所でのカード利用で、通常の数倍のカードポイント付与効果を得る事が出来る。
3.特定サービスの優待など 特定のサービスについてサービスの優待を受ける事が可能。

上記の様に、量販・流通系企業では一般的に上記の様な内容のサービスを提供していることが多く、一般的なサービス内容となっています。特に1、2、については、カード保持者がメリットを得られる事で、グループ内のショッピングや、サービスをカード利用する事を想定されて提供されているサービスです。企業側に取っては、この事で顧客の囲い込みが期待できるため、非常にメリットの大きなサービスとなっているのです。

ページトップへ戻る
総合的なサービスのメリットは非常に大きい

では具体的にそのメリットの大きなサービスとは、どの程度のメリットになるのでしょうか。実際に具体例を参照して、どの程度のメリットがあるのかを検証してみましょう。比較するのは高還元率と呼ばれるレックスカードと、エポスカードを例にしてみましょう。

実際のサービスで、内容の異なる2つのケースについて検証してみます。

1)ポイントボーナスが付与されるケース(10,000円の利用)
2)カード利用で割引が受けられるケース(10,000円の利用)

上記のとおり、いかに高還元率カードでも、これらのサービスを複合的に受けられる量販・流通系のカードの前では、全く歯が立たない内容となりました。当然ながらこれらのサービスを受けられない店舗でのカード利用であれば、圧倒的にレックスカードが有利である事には変わりはありませんが、仮にエポスでの利用が非常に多い方であれば、エポスカードを選択した方がメリットか大きいと言える事がわかります。

つまり、量販・流通系クレジットカードを検討している方は、そのライフスタイルにより、カードのメリットが大きく変化してしまうと言う事なのです。

ページトップへ戻る
具体的に優れたサービスを持つカードとは?

ではこれらの事を踏まえ、量販・流通系カードの中でも特に他のサービスも含めたクレジットカードの中から厳選したオススメカードを一覧で紹介していきましょう。まずはそれぞれのサービスを掲載した下記一覧を参照してみましょう。

基本スペック情報

カードブランド 還元率 割引サービス 割引サービス
エポス 最大2.5% マルイ店舗と提携ショップで
最大10%割引
マルイのショッピングで2ポイント、
提携店舗で5ポイント付与
セブン 最大1.5% イトーヨーカドー指定日で
最大5%割引
セブンアンドアイグループ利用で
最大ポイント3倍、
提携店でポイント2倍
イオン 最大0.5% イオン指定日利用で
最大5%割引
イオンでの利用で指定日ポイント2倍、
優待加盟店での利用でポイント3倍
waon一体型カードでwaonポイントも
付与でポイント2重取り
セゾン 最大0.5% 全国の西友・リヴィン
指定日利用で5%割引
関連指定サービスで
最大8%割引
特になし
(永久不滅comのネット利用で
最大30倍ポイント付与)

これらの量販・流通系のカードを見てみると、圧倒的にエポスカードにメリットがある事がわかります。エポスはマルイが発行するクレジットカードですが、マルイの店舗数はこれらの企業の中で最も店舗数が少ない一方で、提携店舗は全国展開の企業が多く、どの地域でも割引を受ける事が可能ですので、メリットは大きく変わらないと言えます。それぞれ利用の頻度と見比べて、カード会社を選択するのがメリットを得る上で良いでしょう。

ページトップへ戻る
提携店舗で最も得する量販系カードは?のまとめ
  • 量販・流通系企業の提供するクレジットカードは、グループで運営するショップとのサービスの利用で、より大きなメリットが得られる様になっています。特にこれらの企業でショッピングなどを行う方は、これらのカードを選択する事で大きなメリットを得られます。
  • 量販・流通系のクレジットカードは主に、1.グループ店舗、提携店舗での割引サービス、2.同様の企業でのカード利用でポイントが倍加する特典、3.特定のサービスで優待が受けられるなど、大きなメリットを期待する事が出来ます。
  • 実際に高還元率のクレジットカードと比較しても、グループ内や提携店舗での利用で得られるメリットは圧倒的に有利だと言えます。自分の利用スタイルや、利用の頻度によって総合的に判断し、大きなメリットを得られる様にカードを選ぶ事が良いでしょう。

ページトップへ戻る

このページを見た人はこんなページも見ています

ページトップへ戻る

その他のお勧めカード

エポスカード
エポスカード

・エポス店舗や提携店でのカード利用で大きな割引が受けられる!
・ポイントプログラムの還元率は5%の高還元率!
・選べるカードフェイスは実に74種類!

セブンカード
セブンカード

・イトーヨーカドーでの割引やおトクな電子マネーnanacoを使ったサービスには大きなメリット!
・柔軟審査で加入がしやすい!
・全国のセブンイレブン銀行での利用が便利!

イオンカード
イオンカード

・国内最大規模の流通系クレジットカード!
・イオングループでのショッピングとポイント付与に大きなメリット!
・waon一体型カードとの併用でポイント2重取りが可能!


ページトップへ戻る
Copyright(C) AcademiaJapan, Inc. All Rights Reserved.